<   2007年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

秋の風

北陸地方は、まだ梅雨明けをしておりません。

夏の土用の真ん中に来ているのにね。
本当なら、一番暑い季節なのに、今朝送迎用の
バスを待っていると、秋を思わせるような爽やかな風が
吹いていました。私の父や母は、よく言っていたものです。

土用半ばに秋の風!

季節は少しずつではありますが、変わって行くとの
事らしいです。
[PR]
by tateyama-turugi | 2007-07-30 21:45

はまっています。

ここ3ヶ月ほど山崎豊子さんの長編小説にはまっています。
「白い巨塔」は、ずっと以前に呼んでいました。
今度は「沈まぬ太陽」、「華麗なる一族」を読み終え
今は「大地の子」を呼んでいます。

どの小説も細かく掘り下げて真実味を
帯びています。
数年の資料集めをしてそれをもとに書かれていますので
グットせまってきてその中に、引き込まれてしまいます。

散歩もしないで読みふけっています。
[PR]
by tateyama-turugi | 2007-07-27 09:06

演奏会

ディーサービスを利用する日です。
午前中に入浴をすませ、午後からはバイオリンコンサートを
聞きに行く事になっています。

昼食を早めに取り、送迎用のバスで、障害者交流センターに
向かいました。

コンサートは、フランス人家族5人によって行なわれました。
モーツアルト、ベートウベン、ブラームス、
パガニーニ、サンサーンスらの曲が演奏されました。

生で聞く、ピアノやバイオリンは、とても迫力があり
とても感動しました。
あっというまの1時間でした。
[PR]
by tateyama-turugi | 2007-07-23 20:30

地震

またまた新潟県で中越沖地震が発生しました。
今日の午前10時13分頃私の所でもグラと揺れが来ました。
この揺れ方では、能登沖か、新潟県のあたりで地震が
発生したのではないかと思ってはいましたが、
すぐにはニュースの確認をしなかったのです。
お昼にテレビのニュースでその被害の大きさにびっくりしました。
地震って本当に怖いですね。
[PR]
by tateyama-turugi | 2007-07-16 21:21

今日の句会

今日は句会に出した俳句を3句書きます。

梅雨晴や 孫の野球 見に出かけ

紫陽花や 雨が降っても 似合う花

一輪も あれば充分 山の百合
[PR]
by tateyama-turugi | 2007-07-09 20:56

クラス会

 昨日から一泊で、「クラス会」がありました。
男11人 女11人 先生1人のこじんまりした
ものではありましたが、非常に楽しい
一時を過ごしてきました。中学生の時の「クラス会」でしたので
前回は、5年前に一度やっております。
皆一同に集まりますと、クラス全員は「皆兄弟」と
言ってはしゃいでいます。皆の心は、一気に過去にタイムスリップ
してしまいます。
宴会、カラオケとおおいに盛り上がりました。
帰りの、バスの中でも昨夜の反省会や、次はいつやるのかなどで
またおしゃべりに花が咲いていました。
二次会は、食事どころに入り、食事を食べる人、またビールを飲む人もいて、
そこでまたおしゃべりの花が咲いていました。
懐かしい人にも合えましたし本当に楽しい一時でした。
[PR]
by tateyama-turugi | 2007-07-08 10:10

「14歳の挑戦」

当市では2日の月曜日から、中学2年生が14歳の挑戦と言って
市内の各事業所に行って、仕事の実践に挑戦しています。

私の通っている「身体障害者ディーサービスセンター」にも
3人の女子中学生が、来ています。

職員に言われた事を、テキパキとこなしています。
1週間の体験ではありますが、仕事に対してそのきびしさが
分ってくるものと思います。

そして自分たちを育てるために、親が毎日働いてくれる事に
感謝するはづです。
 そして将来就職するときに、この体験が、きっと
役立つ者と思います。
[PR]
by tateyama-turugi | 2007-07-05 19:02

見事に開花

去年の暮れ、弱りきった孔雀サボテンをもらってくれないかと
言われていただきました。
すぐに植え替えて大事に冬を過ごさせました。
春になって、成長を始め、花の蕾を2個付けました。
それが昨日真っ赤な花を開きました。とても大きくて
見ごたえがあります。駄目もとと思っていましたので
とてもうれしく思っています。
[PR]
by tateyama-turugi | 2007-07-04 16:23

カレンダー作り

ディーサービスセンターでの、午後からのメニューは
来年度のカレンダーを作るための版画作りでした。
これは毎年の恒例の作業です。
私などは、目が悪いのであらかじめ削って取り除く
部分を、枠で囲ってもらいそこを手探りで掘って取り除いて
いく作業を行なって皆さんに参加しています。
それでも余分な所を、削らないかととても気を使って進めています。
[PR]
by tateyama-turugi | 2007-07-02 16:44